直葬 参列

直葬を希望する場合
家族によって迷われることの
ひとつに親族以外の参列を
どうするかがあります。
直葬を選ばれる場合は
家族のみでのお別れをする方が
一般的なので、お参りはお断り
される方が多いと思いますが
来てほしい方、
または来たい方が
いる場合は来てもらっても
いいでしょう。
多くの場合先方から
「通夜・葬儀は何時から?」
と聞かれると思いますが
直葬の場合は
「故人の遺志に従い、宗教者を呼ぶ
 葬儀はしませんが、○○日まで
 斎場(自宅)にいますので
 よかったら顔見に来てください」
と案内すればいいかと思います。
参列する立場の際は
必ず事前に何時ごろならお参りに
行ってもいいのかを確認します。
香典を頂くことになると
思いますので
お返しものを葬儀社へ
お願いしておきましょう。
※ほとんどの葬儀社が
 返礼品は出た数のみ
 請求になり余ったら
 引き取りしてくれると思います。
※後日、香典返しをする場合
 当日は用意しないという方も
 いらしゃいます。
場合によっては会社、友人などから
お生花を頂く場合もあります。
ご安置場所によっては飾れない、
または、小さなお生花の方が
いいということも
あるので注意しましょう。

通常、直葬は少人数で一番費用をシンプルに
した葬儀になるため、葬儀社によって
内容や対応が違います。
もし、参列者がいる場合は事前に葬儀社を
何社かあたってそういった場合の対応を
聞いておきましょう。
金額だけで決めた場合、そもそも対面できない
寂しいところに安置されているなどなど
後悔することもあります。
例えば支払額は1万しか違わないが
サービスや式場が1万円高い葬儀社の方が
いいという場合もあります。
費用が許容の範囲内であれば
内容やサービス・式場がいい葬儀社の方が
安心して参列者を迎えられると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です