家族葬・一日葬

一日葬という
葬儀があります。
通夜を省き
葬儀のみ執り行うことを
指します。
家族葬を
もっとシンプルにした
ご葬儀です。

家族葬についてはコチラ

負担が少ない
葬儀として
検討される方も
いらっしゃいますが
注意することもあります。
それは
菩提寺に葬儀を
依頼する場合です。
葬儀社へお寺の紹介を
してもらう場合は
問題ありませんが
菩提寺がある場合は
お寺の考え方によっては
トラブルになります。

仏式葬儀では
・枕経
・通夜
・葬儀
・初七日
の4回来ていただきます。

これを葬儀のみ
お願いしますので
枕経はどうするか
初七日はどうするか
そもそも通夜はしない
ということで
納得いただけるか
そのような葬儀はしない
と言われることも
ありますので
菩提寺があって葬儀を
お願いする場合は
事前に確認が必要です。

葬儀社によっても
1日葬という
プランがあり
費用を抑えられる
場合はいいですが
1日葬でも通常の葬儀でも
費用が変わらない
ところもあります。
葬儀社側から考えても
1日葬でも通常の葬儀でも
お手伝いする内容は
さほど変わりません。
通夜がなくても
自宅安置でない
限り前日から
ご遺族様は斎場に
いらっしゃいますので
式をするのかしないのか
の違いですし
使用する物品を
減らすわけでもありません。
変わるのは
通夜の司会、アシスタントなど
人件費の部分のみになります。
1日葬で費用を変えている
葬儀社もありますが
通常の葬儀より
祭壇(生花)が小さくなる
安置料が
2日分しかついていない
宿泊が
1日分しかついていない
ドライアイスが
2日分になっている
などしていると思います。
つまり、プラン以外の追加が
発生しやすいということです。


費用面ではなく
ご遺族・会葬者の
精神的負担を考えて
1日葬を検討する場合は
いいのですが
菩提寺がある場合や
費用だけを考えている場合は
1日葬と通常の葬儀の違いを
依頼する葬儀社に
確認しておきましょう。






2件のコメント

  1. ピンバック: 家族葬について
  2. ピンバック: 直葬について

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です