葬儀 香典返しについて

香典返しの流れ
①住所リストの作成
 受付で書いていただいたカードに
金額を記入します
 その後、葬儀社などからもらう
住所記入用紙を使用し
 金額別にリストを作成します
※香典返しは正式には
四十九日後に行いますが
 葬儀後2~3週間をめどに
される方もいらっしゃいます
②お返しの金額を決める
 香典の1/3~半返しが一般的です
 葬儀の際に生花などを頂いた
場合はその分を加算します
③商品を決める
 以前は不幸を包み込む、
 または悲しみを洗い流すという
 意味から繊維製品
 (タオル・綿毛布・肌布団等)が
 選ばれていましたが今はあまり
 気にせずお返しをします
※カタログギフトをお送りする方も増えてます

最近の傾向として葬儀の際に
1,500円~3,000円のお返しものを
準備しておくことがあります
即日返礼品と言い
「これをもって香典返しに
 かえさせていただきます」
という礼状が入る商品です
一般の方のお香典は
3,000~5,000円が多いので
後に香典返しをする手間や
費用を考えると葬儀の際に即日返礼品
を用意しておいてもいいと思います
※通常1万円以上の方へは
 香典返しを改めて行います
※家族葬の場合は香典も高額に
 なりますので、1000円までの
 返礼品を準備し、後に香典返しを
 される方が多くなります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です