浄土真宗

ここでは日本最大の宗派である
浄土真宗西本願寺派について
簡単にまとめます

宗祖   親鸞聖人
中興の祖 蓮如上人
本山   西本願寺
本尊   阿弥陀如来
名号   南無阿弥陀仏

本尊の意味
阿弥陀仏には限りない命、
計り知れない命という意味があり
南無には頼りにする・帰依する
という意味がある
南無阿弥陀仏と唱えることは
「無限の命と光明を備えた仏様、
 あなたを信じ頼りにします」
という意味になる

葬儀
亡き人に永遠の別れを告げるための
儀式としてでなく阿弥陀仏の
願力によってふたたび浄土で
会えるという想いを確かめ合う法会

信心
信心とはどんなことがあっても
念仏するものを必ず浄土へ救うという
阿弥陀仏の本願を疑いなく
受け入れた心をいう
阿弥陀仏の信心をいただき
念仏を唱える身となれば
必ず浄土へ生まれ
仏になることができる

特徴
・他力本願
 阿弥陀仏の救いの力(他力)を重視する
・占いやたたりの否定
 日の吉凶(友引)などを気にしない
・戒名ではなく法名
 仏教徒になるとき、仏・法・僧に
 帰依し5つの戒めを守ることを誓う
 浄土真宗は阿弥陀仏の本願の
 働きによって救われるとするため
 戒名ではない
 法名は2文字で上に釋の字がくる
 女性の場合は尼の字を入れる場合がある
 法名について
・死出の旅に出ない
 仏の誓いを信じ念仏するものは
 すでに往生が約束されているから
 死出の旅に出る必要がない
 (葬儀の際に着せ替えるのは仏衣でなくてもよい)

聖典
・浄土三部経
 仏説阿弥陀経・仏説観無量寿経・仏説無量寿経
・親鸞聖人が著述された主な聖教
 正信念仏偈・浄土和讃・高僧和讃
・蓮如上人のお手紙
 御文章


1件のコメント

  1. ピンバック: 曹洞宗

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です