家族葬について

厳密に家族葬の定義は存在しません。
一般的には50名(30名)くらいまでの
遺族・親族を中心としたご葬儀を
家族葬と定義します。
あきつ葬祭では30名以下のご葬儀を
家族葬として執り行います。

一日葬についてはコチラ

家族葬といっても一般の方が参列される
場合もあります。

家族葬のお参りについてはコチラ


葬儀の流れは一般葬と変わりません。

家族葬のメリット
・気を使わずにゆっくりお別れできる
・葬儀費用が抑えられる
・故人、家族の意向を反映させやすい

家族葬のデメリット
・香典が少なく一般葬より費用が掛かる
 場合がある
・一般のお参りが想定より多くなり
 斎場選びに失敗する
・呼ばれなかった方から苦情を言われる

当然ですが遺族が支払う金額は同じでも
葬儀社によって使用する祭壇や生花の量、
柩、サービス、斎場が違います。
特に斎場は顕著に違いが出ると思います。
貸切で使用できる斎場か、
落ち着いた雰囲気の斎場かなど
最後の時を過ごすのにふさわしい
葬儀社を選びましょう。
費用が許容の範囲内なら
内容やサービス・式場がいい
葬儀社の方が満足度が高い
ということになります。

葬儀は比べて選ぶ時代です。
同じような葬儀でも
葬儀金額・内容・対応が全然違います。
家族葬の場合は故人や家族の意向が
反映しやすい分葬儀社選びが
大切になります。
一生に一度のことなので
万が一の際、慌てないように
納得のいくお別れになるように
事前に葬儀社を比べて選んでおくことが
大切になります。

※家族葬の場合、思ったよりも
 参列者が増えることもあります。
 葬儀社によって違いますが、
 プランを人数で分けていたり
 式場を人数で分けていたり
 ということもあります。
 もし、増えた場合はどのような対応を
 してくれるのかも葬儀社へ確認して
 おきましょう。


3件のコメント

  1. ピンバック: 直葬について
  2. ピンバック: 家族葬の流れ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です