直葬とお寺

最低限で葬儀をしたいと希望する場合
費用と内容を考えて葬儀の流れを
決めていきます。
予算を確認しますが
通常は直葬で執り行うことを
イメージしてお話します。
直葬とは
その際には必ず
菩提寺があるのか
納骨先がお寺なのかを確認します。
菩提寺があり納骨先がお寺の場合
葬儀後にお骨を納骨させてください
とだけお願いに行くのはトラブルに
なることが多いからです。
納骨先がお寺にある場合は
前もってお寺に相談します。
気持ちでお経をあげましょうと
なる際はお願いするのもひとつの
方法ですが、通常お寺の来る葬儀に
なると、葬儀代も上がります。
どこの葬儀社もシンプルな
プランは直葬プランになりますので
お寺の来る葬儀になると家族葬プランなど
葬儀代が上がります。
※火葬炉の前でお経をあげる
 1日葬にするなどで費用を抑える
 こともできます。
 葬儀社に相談しましょう。
※お寺によっては1日葬などは
 しないというところもありますので
 お寺にも相談しないといけません。

先祖代々の納骨堂がお寺にあるが
費用の観点からどうしても
直葬しか執り行えない場合は
どうしましょうか。
その際は火葬までは直葬で執り行い
お骨になった後、菩提寺に出向き
戒名とお経を頂き納骨を
お願いします。
お寺には
事情があり先に火葬
致しますが、火葬後お寺に
出向き、お経と戒名を頂き納骨したい
と相談します。
本堂で骨葬をするイメージです。
通常のお寺であれば、それで納得
頂けるかと思います。
そうすることで葬儀代とお布施を
両方抑えることができます。

もし、葬儀に来てほしい方が
いらっしゃれば
故人の遺言に従い
宗教者が来る葬儀は執り行いませんが
○○斎場or自宅に1日いますので
よかったら顔を見にきてくださいと
お伝えしたらいいと思います。

直葬は個々の事情により
様々なことが想定されます。
直葬は
世間一般で言われているご葬儀より
下手したら難しい葬儀になります。
葬儀社も事前にお話を聞いておけば
時間的余裕もあり色々な提案や
アドバイスもしやすくなると思います。
また、葬儀社の考え方や
プランによっては、希望通りの葬儀が
執り行えないこともありますので
予算を最優先に考える方や
複雑な事情がある方は
必ず、事前に相談をしておきましょう。

生活保護を受けている場合は
葬祭費が20万ほど支給されますので
どこの葬儀社へ行っても火葬のみの
ご葬儀は執り行えます。
※喪主が生活保護を受給していない場合や
 経済状況により葬祭費が
 支給されない場合もあります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です